読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業者の住宅ローン比較~口コミ体験談 自営業者でも審査通過は大丈夫!

自営業者の私が実際におこなった体験談をもとに住宅ローンの審査結果を書いています。審査の難しい自営業者でも通る住宅ローンを解説。

自営業者が物件購入!住宅ローンを借りるまでの流れ

住宅ローンを借りる前での流れを分かりやすくざっと書きました。銀行には1,2回行けば良いと思っていませんか?何度も銀行に行くんです。

なので借りる時は近いほうが良いですよ。それも踏まえてこの流れをお読みください!

申込までの流れ!

1.不動産屋で物件案内

好きな物件をまず決めてください。

2.気に入った物件の住宅ローン事前審査

これは任意ですが事前をやって置かないと不安です。必ずやっておきましょう。

無料ですので金利の安い条件の一番良い銀行を決めて行います。

3.物件買い付け証明

好きな物件の申す込みを行います。「買付けしたい」と言えば不動産屋はわかるでしょう。簡単な内容を書いて申し込むだけです。

契約から引き渡しまでの流れ!

1.契約

契約日を決めてもらい売り主、買い主の顔合わせとともに印鑑持参で契約をします。買付けから契約まで意外と短いのが不動産屋の感覚です。買付けから3日以内というのもザラです。住宅ローンの事前審査を行っておこないと契約後住宅ローン審査で落ちてしまったという事もあるので事前が必要なわけですね。

2.住宅ローンの本申込

住宅ローンの本申込を行います。住民票や風証明、確定申告書、税務署関係の必要な書類もありますので用意に時間がかかる可能性もあります。余裕をもって行いましょう。

住宅ローン審査は1週間以内で大抵終わります。事前で通っていればほぼ9割型審査に通るでしょう。

3.住宅ローン契約

申込審査が通ったら契約です。この時にお金を引き渡されるわけではありません。必要書類は印鑑証明や印鑑などです。

契約時間は銀行によって違いますが2時間かかることもあります。都市銀行などではついでに生命保険の営業もされるので任意ですが住宅ローンのメリットとなる場合があるので一応聞いておきましょう。

4.引き渡し

住宅ローン契約から1週間くらい後に行うのが通常でしょう。現金を買い主に引き渡し購入した物件の鍵もその時に渡されます。

これで完了です。

 

このように流れを見ていくと会社員の方などは予定を組むのが大変ですよね。住宅ローンを借りるまでに申込も含めて3回も銀行に行かなければいけないですからね。買付けも入れたら4,5回足を運ぶことになります。

だいたい銀行に行く際は不動産屋さんもついてきてくれたり必要書類も教えてくれたりするので不安に思うことはありません。

ただ面倒だと言うことです。これが自営業者の私が経験した流れですので他の型も同様な流れに基本なるかと思います。必要書類が多いだけで会社員とやることは一緒です。

 

三井住友銀行 住宅ローン 自営業者は?

三井住友は都市銀行ですので基本的に自営業者にはあまり好意的ではないという印象です。住宅ローンの審査では内容として黒字でなければいけないというロボット的な審査を行います。

赤字があればその時点でやっかいなお客だなというイメージを持たれてしまう感じです。いくらこれはわざと赤字にしているといってもロボット的なので話しにはなりません。ですがこれは基本的な対応で3期中1期分だけたまたま少し赤字というような場合100%無理というわけではありません。担当者の性格が左右しますのでうまく話せばなんとか審査だけはしてくれると思います。

決算書は3期分で損益通算や貸借対照表、販売費及び一般管理費の内訳書など一般的に自営業者が出す書類一式で審査は応じてくれます。

三井住友の事前審査はだいたい4~5日程度で保証会社の審査を行います。事前は人が判断するというよりコンピューターで入力して算出し審査の可否を決めるようです。

三井住友のより所は築年数の古い物件に対応しているという点です。

築年数が50年経っていても審査を行ってくれます。

ただ35年ローンにしたい場合は長期修繕計画書を渡さなければいけません。

長期修繕計画書は不動産屋に連絡すれば用意してくれますので審査を行う際は連絡しておきましょう。

ただ35年ローンでなく10年ローンでも良いという方は必要ありません。

審査としては経営者がサラリーマンレベルの給与であれば通るという感じでした。

400万~600万円くらいの年収ですね。

三井住友は信用金庫より横柄ですが築年数が古い場合は事前審査も良いかもれませんね。

みずほ銀行 住宅ローン 自営業者の借入は?

みずほ銀行はメガバンクで自営業の借り入れには比較的冷たいでしょう。担当者にも当然よりますがその割合が多いです。

また特徴としては事前審査を各銀行の窓口では行っていないという事です。しかしながら事前審査を行う方法がないということでもありません。

不動産業者を介してなら可能です。

物件を申し込もうとする不動産業者にいって事前をしたいと伝えれば事前審査をすることができます。

自営業者がみずほ銀行を利用する際のコツとして地価があまり高くない所で行うのもその一つかもしれません。

高い地価相場のみずほの担当は安い物件には結構冷たいからです。

結局はみずほ銀行の保証会社の審査次第ではありますが良心的に行って頂ければ保証会社との審査も多少はゆるくなるような感じもします。

それとみずほ銀行は築年数が古い物件の扱いをしてくれることでも有名です。他の会社で断れた築年数が古い物件でも良いのでぜひ試してみてください。

みずほ銀行は古い物件以外は自営業者にはおすすめはしていない銀行です。

古い物件の住宅ローンを借りれる銀行は?

築年数が40年、50年経っている物件の住宅ローンは実は難しいのです。持っている人がいるのですがずっと住んでいるだけで買えている人はほぼ一括で払っているという実態があります。

ですから銀行間はほとんど古い物件は駄目だというのが通常です。ではどうしたら良いのでしょう。OKを出している数少ない銀行を探すしかないということでしょう。

割りかしOKを出してくれそうな金利の安い会社は?

参考)

JA・・・・基本的には古い物件は駄目です。50年以内で見ているようですね。しかし50年経っていなければ全てOKというわけではなく機械的に50年から築年数を引き残りの残存期間を返済期間にするというやり方です。例えば築35年経っていれば50-35=15年。15年が返済期間です。月々が高額になりますね。

川崎信用金庫・・・基本的にOKと言っている。しかし通常保証会社を通すのですが川信が提携してる2つの保証会社の内、一つは築年数が古い物件が駄目なので高い金利の方の保証会社となります。またその保証会社も昭和57年以降でないと審査に通さないなどの基準があります。

りそな銀行・・・特に決めていないのでOK。しかしトータル的な審査は厳しい。

みずほ銀行・・・同じく特に古い物件でも大丈夫。トータル審査厳しめ。

三井住友銀行・・・耐用年数60年で計算してくれる。築年数が40年だと60-40で20年の借入ができる。りそなとみずほよりは審査が通りやすい。

 

 

金利の安い住宅ローンはこの2社ですが中々難しいでしょう。なので本当に古い物件しかなく購入するしかないという方は金利が少し高めですがりそな銀行とみずほ銀行に行くと良いです。築年数をカウントしません。

JAの住宅ローン口コミ体験談 自営業者は?

JAの金利は実はかなりおすすめ。通常の銀行で借りるのがバカバカしく和るくらいに安い。ただネット銀行などと比べると高い。

ちゃんと人とあって窓口に申し込みできる住宅ローンバンクとしては金利が一番安いかもしれません。

例えば川信で0.95%だった金利がJAだと0.6%になる!この差はかなり月々の返済に出てくる。3500万円の物件の場合、月々97,986円だったものが月々92,410円となります。

5000円月々違うと言うことは年間6万円、10年で60万円変わってくるということですからね。

ただやはり審査というところで川信などよりは難しいという事はあります。

差ほど通常の人、サラリーマンなどは問題はないですが自営業者は少し苦戦するかもしれないです。でもすごく難しいわけではないのでやる価値はあります。3期分の給与と会社の収入が確定申告書などが必要でしょう。川信とほぼ一緒の書類です。

また物件の基準も難しいです。担保価値というところで古い物件は難しいでしょう。

駄目というわけではないですが50年方式を採用しています。

例えば築40年経っている物件ですと50-40で10年残ります。この10年を返済期日にします。10年で返すという事は月々の返済が1000万円しか借りなくても85,000円位になりますからね。2000万円の築年数が古い物件ですと17万円以上ですからかなり不可能ですね。このように50から築年数を引くということだけは覚えておいたほうが良いでしょう。

ただ補足としてかならず10年にされるわけではありません。恩情ではないですがあと5年だけ伸ばしてという事が実はできる可能性があります。15年にしてもらえるということですね。

 

ゆうちょ銀行の住宅ローンの審査は難しいのか?

ゆうちょ銀行も住宅ローンを行っているのですね。あまり利用している人を見かけない感じですがゆうちょ銀行のローンは審査基準が意外と緩く通りやすいと言っても良いでしょう。しかしその代わり保証料も含めてですが金利2.475~3%と非常に高金利で優遇が付きません。

ゆうちょ銀行はスルガ銀行と提携しているのでほとんどスルガ銀行の住宅ローンと変わりなく保証会社SDPという自社で独自で行っているものです。

基準は銀行によって異なりますがそんなに厳しくなく自営業者で売り上げ1000万円あるが報酬を200万円にしているような方でも全体を見てくれるので審査が甘い川信より多く出してくれるケースもあります。

自営業者の場合、3年分の確定申告書を出せば審査を行ってくれるので大手金融バンクで審査が通らないような場合はゆうちょ銀行で利用するという形がおすすめです。

金利は高いが自営業者におすすめの住宅ローン会社です。

静岡銀行 住宅ローン体験談口コミ  自営業者は?

静岡銀行も住宅ローンの難易度としては低い方ではあります。ただ川崎信用金庫と比較すると多少難易度は増します。

保証会社は静岡銀行独自の保証会社と、川信でも提携している全国保証と提携しています。

住宅ローンは保証会社が通れば通るという理屈が多いので難易度は川信と変わらないような気がしますがここで注意が必要。

静岡銀行は自社の保証会社が通らなかったら全国保証に変えるのですが全国保証となった場合なぜか金利が川崎信用金庫より高くなります。あくまでも自社の保証会社で通った場合金利が川信より低くなるとお考えください。

ただ冒頭でもお話ししましたが自社の保証会社の場合審査の難易度は川信より上がります。全国保証での審査をされても川信で住宅ローンを申込んだ方が安くなるので意味がないですしね。

事前に必要なものは源泉徴収票、免許証、保険証のコピーで大抵大丈夫です。自営業者は決算書3期分です。

メガバンクで通らない人は静岡銀行や横浜銀行に行くという感じですね。